61q09BaUyUL._SL1000_

 

TRDから発売されたボディ補強パーツです。

こんなもので変わるのかと半信半疑でしたが、

思った以上に効果はてきめんでした。

装着前は、ドアの部分は雨風をしのぐためについていたような感覚でしたが

装着後は、バスタブのようにドアとボディに包まれているかのような感覚です。

 

取り付けは、ドアのストライカーの部分を交換

517lPj+WJ6L._SL1000_

運転席側の写真ですが、助手席側も同様に行います。

 

そしてドア側にストライカーのスライダー部分に接触するように

設計された部品を取り付けます。

51athizHgTL._SL1000_

 

こんな感じです。

 

文章で書くと意見簡単そうに見えますが、

もっとも大変のは、ストライカーの部分を交換する作業です。

もともと、ドアが簡単に開かないように、

ストライカーのビスは緩み止めが塗布され、かなり頑丈に取り付けられています。

 

このビスが緩んでしまえば取り付けは比較的簡単です。

 

こんなのがあると少しは楽に作業ができます。

41mrj7tVTML._SX355_

 

これは、ショックドライバーやインパクトドライバーと呼ばれ

柄の部分を金づちなどで叩くと先端が回る仕組みになっています。

叩くことで押さえつける作業と回す作業を同時にやってくれる優れものです。

 

取り付けが終わったら、

一旦ドアを閉めてみて、ドアとボディに不自然な隙間ができていないか確認です。

 

ストライカーを外す時に無理な力を加えているので、

取り付け時にストライカーの位置がずれてしまうのはよくあるようです。

 

ストライカーは位置の微調整ができますので隙間ができている場合は

ストライカーのネジを少し緩めてハンマーなど叩いて

位置を微調整します。

 

取り付けが終わってまずわかるのは、

ドアを閉めた時に出る音です。

取り付け前は軽い感じの音がしていましたが、

取り付け後はドスッといった感じで音に厚みが出ます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク