ポケモンGoのリリースに伴いパケット通信料が気になっている人も多いはず。

 

僕は仕事で通話したり、調べ物をしたりとスマートフォンなしでは

生計が成り立たない。

 

営業の方など、接客に関わる人で通話も通信もバリバリ使っていますという人は少なくないはず。

会社から携帯を支給されている人はいいかもしれないが、

このご時世、僕の周りでもなかなか会社が携帯を支給してくれているという話はあまり聞かない。

 

これまでに、僕はAUを長年使ってきたが、特にこだわりがあったということでもなく

最初に持った携帯が今のAUの前身であるIDOの携帯を使っていたからである。

 

通常、ドコモやAU・ソフトバンクなどの携帯を契約している人が多いと思うが、

 

僕の場合の試算をしてみた。

(AUの場合)

月の通話料はかけ放題プランで2700円

通信料は10GBくらいはないと困るので、8000円。

それにデータ通信契約の300円を足すと。

だいたい11000円になる。

端末代は別途必要になるが割引はある。

 

キャリアによって多少の違いはあるだろうがだいたいこれくらいの金額が相場である。

 

こちら今回の試算のために参考にさせてもらったauの料金プラン

 

 

それが、これから紹介する方法にすると、

5000円程度になる。

 

その方法がこちら

 

DoCoMoのガラケーとスマートフォンを2台持つという方法。

DoCoMoというのが一つのポイントである。

DoCoMoの料金プランには、ガラケーのためのプランが用意されている。

それが、カケホーダイプランとカケホーダイライトプランだ。

 

実は、DoCoMoは端末にガラケーを選択した場合、

カケホーダイプランが2200円になる。

もちろん、端末をスマートフォンにすることもできるが、

その場合、カケホーダイプランで2700円になる。

後述するが、ここは、よほどの事情がなければ、ガラケーを選択すべきである。

 

インターネットには接続しない端末なので、ガラケーのほうが断然使い勝手はいい

もちろん、インターネット接続契約はしないので、それらの費用も必要ない

 

ユニバーサルサービス料や消費税など多少の追い金はあるが、

月額は2486円で済んでしまう。

 

 

実は、これが、AUやソフトバンクではできない方法で、

AUやソフトバンクの場合、

端末は何を選んでもインターネット接続と定額パケットはつけないと

かけ放題にはできない。

 

ここからが節約の真骨頂で

スマートフォンには、MVNOと呼ばれる格安SIMを利用する。

 

端末は、AUかDoCoMo・SIMフリーに限定されるが

今まで使っていたものがあれば、それをそれを使うのが安上がりだ。

 

もしなければ、好みの端末を用意する必要はでてくる。

ヤフオクなどで購入するもよし、

Amazonなどでも販売されているので、よく吟味してほしい。

 

僕が推奨するのは、フリーテルのSIMである。

フリーテルの料金体系の面白いところで、

使用した通信量に応じて料金がかわる所にある。

 

それが、こちら

 

anshin

 

もちろん、他社のような、定額プランもある。

 

teigaku

 

ぱっとみは料金がかわらないように見えるが、

定額プランで契約すると、

仮に、10GBで契約したが、たまたま通信量が少なく5GBで済んでしまった時も

2470円は請求される。

 

それが、安心プランの場合、1520円の請求となる。

 

(その他消費税などはかかる)

 

 

実際の請求がこちら

 

スクリーンショット 2016-07-30 2.03.32

 

キャンペーン中の割引が入っているが、仮にそれがなくても2700円くらいで

10GBの通信ができてしまう。

 

 

では、先ほどのキャリアと比較してみよう。

キャリアの場合、約11000円。

2台持ちの場合、ガラケーが約2500円とスマホが約2700円で約5200円

実に5700円もの開きが出てしまった。

 

1年で約68000円もの節約になる。

 

格安SIMについては、他にも多数あるので、自分に合ったものを選ぶといい

なんにしてもポイントは、DoCoMoのガラゲーで通話機能を完結させる部分にある。

 

しかも、今まで1台では面倒だった、

通話をしながら、インターネットで調べものということができるようになる。

 

ちなみに、手元にあるスマートフォンがAUのものの場合は

マイネオがおすすめである。

 

しかし、端末は2台分の費用がかかるし、

出歩く際にスマホとガラケーの両方を持ち出さなければならない。

 

 

あとは、既存の契約は解約することになることが多いので、

解約にかかる違約金と端末を分割で買っている際はそれらの分割金も必要になって来るので

注意していただきたい。