理由といっても、本当はとてもシンプル。

持っているモノがただ多いだけなんですよ。

自分で管理できる物量をはるかに超えているだけです。
収納に入りきらない物量になっているだけです。

そうすると、当然モノがはみ出します。

はみ出たモノはどこに置かれるかというと、床やキッチンカウンター、椅子の上、テーブルの上などです。

では、収納を増やせばいいのか??

そうではありません。

収納を増やすにも限界があります。収納自体が置けなくなって収納がはみ出す結果を生みます。

 

ゴチャゴチャしている感じが伝わってきますね。

モノが多いと収納に入らないだけではなく、片付けること自体にめんどくさいを感じてしまうでしょう。

めんどくさいなぁ・・・
収納パンパンだからどこにもしまえない・・・
どこに置いても散らかるばっかりで片付ける気にもならない・・・

だから、片付かない。
モノが多いというだけで、エネルギーを奪われてしまっている。

全然片付かない・・・なんて悩んでいないで、不要なモノをさっさと捨てに行きましょう。

捨てるなんてもったいない!なんて言っている場合ではありません。
モノを収納におさめない限り、ごちゃついた部屋は改善しませんよ。

 

片付けるのがめんどくさいと思うなら、片づけが必要ないくらい、徹底的にモノを減らしていけば解決します。

難しいことではありません。
わたしは、とことんモノを減らしてきました。
まだまだ減らせると思っています。

 

片付けられない・・・なんて悩む必要は全然ありません。

片付けられるようになる7つの習慣!!

①買い物をするときに本当に今必要か考えてからものを買う

②ものを買ったら、そのものの定位置を決め、使用したら必ず同じ位置に戻す

③ものを買ったことによって必要なくなったものがあれば、すぐに処分する

④消耗品などは、1箇所にまとめておく。買い足した時も必ずそこに収める

⑤書類は原則すべて捨てる(契約書などの重要書類は1箇所にまとめる)

⑥書籍類はできるだけ電子のものを選ぶ。

⑦思い入れのある品は、目につく場所に配置する

この習慣を身につけるだけで、部屋は劇的に片付きます。
収納改善に工夫をこらすよりも先に、まずはモノを選んでいきましょう。

使っていないモノ、もう使いそうにないモノを1つ捨てるだけでも、部屋は少しずつ片付いていきますよ!