自分でメンテナンスすることが少ない方にはあまり実用的ではありませんが、

メンテナンスを自分でする方にはオススメのパーツです。

 

純正のボンネットを支えるためのポールが使わずにすみますので、

メンテナンス時にポールが邪魔でメンテナンスがやりにくいといったことが無くなります。

 

あとは、ボンネットをあけた時に高級車のようなちょっとした充実感に浸れます。

 

取り付けはボンネットのヒンジを外す必要があるので、ボンネットを落とさないように気をつけましょう