道路交通法でも装着を義務付けられている自転車のヘッドライトですが、様々なものがラインナップされています。

実際、自転車店やインターネットで見ていてもどれを選んでいいのかわからなくなる時がありますよね

 

道路交通法や都道府県単位での規定はどうなっているのか

道路交通法では、前照灯(ヘッドライト)を灯火をつけなければいけないと記載があります。

実際の明るさの基準などは実は、都道府県によってまちまちです。東京都は、夜間10メートル先の障害物を確認できることと定義されていますが、神奈川県では、5メートルです。

色については、ほとんどの都道府県で白色または淡黄色と定義されています。

お住いの都道府県の規則は、「〇〇県道路交通法細則」と検索していただければ、軽車両の灯火の条項で確認ができます。

 

スポンサーリンク

条件を満たすライトは結局どれなのか

ただ単に条件を満たすものと考えるのであれば、400カンデラの明るさがあれば大丈夫のようです。

しかし、道路交通法は最低限の決まりでしかなく、実際の走行では全くと言っていいほど明るさとしては足りません。真っ暗闇の中で10メートル先のものが確認できればいいというのは最小限であると考えるべきです。

10メートルって何秒で到達するのか?時速10キロで走行していたと仮定すると秒速2.7メートルなので、おおよそ4秒です。4秒で障害物を確認して回避するのはかなりの至難の技であると考えておきましょう。

 

安全に走れるライトは??

走行する場所にもよりますが、一般的な街灯のある市街地での走行であれば2000カンデラ、街灯がない場所を走行する場合があるのであれば、3500カンデラ以上を目安にしましょう。

走行スピードなどによっても適正な明るさは変わってきますが、明るすぎてダメということはありません。安くない買い物ですので、オーバースペック気味くらいのものを選んでも後悔することはないでしょう。大きめのライトを装備する場合は、充電時間や点灯可能時間・気にするのであれば重量なども確認しておきましょう。

自転車に限らずライトや反射板というのは、他の人から見たときに視認性が高くそこに人がいるということを教えてくれるアイテムでもあります。多くの事故は人同士が起因しておきています。事故をしたときに痛いのは自分ですし、相手も痛い思いをします。視認性を高くしていれば防げた事故もありますので、目先の金額に惑わされることなくある程度いいものを買っておきましょう。

 

点滅っていいの??

夜間走行をしているとライトを点滅させて走行している方がいますが、結論から言ってしまうと点滅状態は灯火に該当しません。他者へのアピールにはもってこいの機能ではありますが、自分が障害物を確認するものとして機能が不十分な状態であるためです。

もちろん、ライトを2つ以上装備して1つ以上を点灯状態にしている場合は問題ありません。

 

充電式か乾電池式か

日常使いの場合は、充電式を強くオススメします。充電式はメンテナンス性に長けています。普段の充電もUSBに差し込んでおけば充電ができますし、電気代も電池を買うことを考えれば安くすみます。乾電池式のものは、コンビニなどで簡単に購入できたりeneloopなどの充電池を使うことも可能ですが、予備電池を持ち歩かなければいけなかったり、電池が切れるたびに、面倒な電池交換が発生します。特に明るさを重視したライトの場合、乾電池だとすぐに電池切れになることもあります。

普段は充電式を使用し特別に夜間走る時などは乾電池式を併用するのが賢い選択と言えるでよう。

スポンサーリンク