ようこそ実力至上主義の教室への地上波アニメでは、エンドカードやアイキャッチ画像がありません。

しかし、エンディングのサビの部分でキャラクター画像が変わっています。

今回はそれらをまとめてみました。

 

1話 悪とは何か――弱さから生ずるすべてのものだ。

残念ながら1話ではエンディング曲に通常のオープニングテーマ「カーストルーム」が使用されておりビジュアルはありません。

 

2話 才能を隠すのにも卓越した才能がいる。

綾小路清隆(Dクラス)

 

3話 人間は取引をする唯一の動物である。骨を交換する犬はいない

櫛󠄁田桔梗(Dクラス)

 

4話 他人が真実を隠蔽することに対して、我々は怒るべきでない。なぜなら、我々も自身から真実を隠蔽するのであるから。

堀北鈴音(Dクラス)

 

5話 地獄、それは他人である。

佐倉愛里(Dクラス)

 

6話 嘘には二種類ある。過去に関する事実上の嘘と未来に関する権利上の嘘である。

一之瀬帆波(Bクラス)

 

7話 無知な友人ほど危険なものはない。賢い敵のほうがよっぽどましだ。

坂柳有栖(Aクラス)

 

8話 汝等ここに入るもの、一切の望みを捨てよ。

軽井沢恵(Dクラス)

9話 人間は自由の刑に処されている。

伊吹澪(Cクラス)

10話 裏切者の中で最も危険なる裏切者は何かといえば、すべての人間が己れ自身の内部にかくしているところのものである。

龍園 翔(Cクラス)

 

11話 しかし、概して人々が運命と呼ぶものは、大半が自分の愚行にすぎない。

綾小路清隆(Dクラス)

12話 天才とは、狂気よりも1階層分だけ上に住んでいる者のことである。

最終回のみエンドカードです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク